学習習慣が身に付く仕掛けがたくさん!通信教材デキタスをご紹介!!

結論

デキタスは、ゲームの要素と学習の成果が見える仕組みで、どんなお子さんでもやる気を高める通信教材です。また、学年を越えて学習することができるので、自分の苦手分野は少し戻って、得意分野はさきどりしながら進めることができるます。これらのシステムがお子さんの成績をあげることにつながります。本記事は、以下のお悩みを解消いたします。

  • 成績をアップさせたい
  • 忙しくて子どもの勉強を見ることができない
  • 勉強が続かない
  • 学習意欲が低い
  • どうやって勉強すればよいかわからない
  • 勉強なんて楽しくない
  • 安い学習教材を探している



はじめに

現代は、自分から学ぼうとする態度が大切だといわれています。しかし、子どもによって興味関心も違えば学習の進歩も違いますよね。

また、ある教科では1つ下の学年からやり直したい、ある教科では、1つ上の学年まで学習を進めたいという要望もあるのではないでしょうか。

学校では、ある程度やり直しはできても、1人1人に多くの時間を割くことはできません。ましてや、先に学習を進める環境など整っていません。こうした問題が、子どもたちの学習意欲を削いでいると私は考えます。

このように今の時代は、個別最適化された学習カリキュラムが必要とされていますが、一斉授業では難しい側面があるのです。

しかし、そんなさきどり学習やさかのぼり学習が自由にできる通信教材があります。

デキタスの特徴1:やる気を高める仕掛け

デキタスでは、やる気を高めるための工夫がたくさんあります。授業構成やゲーム感覚で取り組める工夫、学習そのものが楽しくなる工夫などです。

ゲーム性でやる気をアップ!

みなさん、ゲームは好きですか?最近は、テレビゲームの発展も著しいですが、私たちは古来から蹴鞠や将棋といったゲーム性のある遊びが大好きです。

デキタスでは、ログインボーナス、学習ポイントの付与、年に数回開催される得点を競うイベントなどゲーム要素をたくさん取り入れているため、学習のやる気を高めてくれます。

学習においてゲーム性はとても重要です。ゲームには、「ハマる」状態を作るドーパミンがでやすくなります。また、ログインボーナスによって『デキタス』を起動する導線ができます。

目的に関わらず、起動するということが重要です。何となくやる気がでないときは、簡単な問題でもいいからとにかく始めることで、脳内でやる気を高めるアセチルコリンという物質が分泌されて、やる気を生むのです。つまり、パソコンを開いてログインボーナスをもらう過程でやる気が出始めると考えられます。

ポップなキャラクターが動画に登場!

どのように学ぶかという視点も大切です。例えば、テレビで教養番組が流れていたとき、気づけば30分見続けていたという経験はありませんか?

デキタスではポップなキャラクターたちが、アニメの世界観で授業を展開するので、自然と興味と集中力を高めます。

本質的に学習習慣を形成させる仕組み

ゲーム性でやる気を高めるとお伝えしました。しかし、それだけではありません。学び続けるには、ゲーム性に頼らず、学習することそのものにのめり込んでほしいと思いませんか?そのためには、努力した成果が見えるようにする必要があります。

デキタスでは、以下の3つのアイテムで学習の成果がわかります。

  • 計画的に学習を進められる学習カレンダー
  • 努力したプロセスがわかる学習時間表
  • 努力した結果がわかる成長記録帳

この3つの機能が備わっているため、学習の成果だけでなく、積み上げてきた学習量も可視化され自分の成長を実感することができるのです。

努力が成果に結び付いたと実感できれば、学習面だけでなく、人間性の成長につながると思いませんか?


デキタスの特徴2:個別最適化

現代では、学習の個別最適化がとても重要だと考えます。デキタスでは、その個別最適化をデザインします。

自分だけの苦手を分析できる『きみ問』

教科書をベースとした基本問題で満点をとれば、チャレンジ問題に挑戦できる仕組みになっています。

そして、基本問題やチャレンジ問題で間違えた問題は、『きみ問』に追加されて間違えた問題だけを復習することができます。弱点が分析でき学力向上が確実にできます。

さきどり学習とさかのぼり学習

みな様のお子さんは、全ての教科でまんべんなく学年相応の学力でしょうか?

もしかしたら、ある教科は1つ下の学年、またある教科は1つ上の学年で学習をしたいという要望があるのではないでしょうか。ご自身の経験を振り返っても同じ想いがありませんでしたか?

デキタスでは、一斉授業では難しい、学年をまたいだ、さきどり学習とさかのぼり学習をすることができます。

一斉授業ではどうしても周囲のことを気にして、わからないままにしてしまうこともあると思いますが、ここがデキタスの良いところです。自分のタイミングで教科ごとに、学年をまたいで学習をすることができるのです。

また、テスト対策でもテスト範囲の単元を自由に組み合わせて、演習することができます。

オンラインの強みを生かし徹底的に個別最適化をするシステムを構築したデキタスの教材は、今の時代にマッチしていると思います。

配慮したい点

デキタスの授業動画は、1つにつき5分以内です。このれは、取り組む側の心理的ハードルを下げてくれるメリットがありますが、一方でもともと集中力が高いお子さんの場合、逆に集中を途切れさせてしまう可能性があります。

もし、集中力で課題を感じた場合、1単元をまとめて聞くなど目標を設定するなどして、集中力を維持する工夫が必要です。

また、ゲーム性のメリットについてご紹介しましたが、ゲーム要素ばかりに熱中しすぎてしまうと、ゲームの要素に飽きた場合、学習そのものに向き合えなくなるデメリットがあります。

そのため、学習の本質的な楽しさである知識の広がりを同時に伝えてく配慮も必要だと考えます。例えば、学んだことを大人にクイズを出す時間を設けると良いかもしれません。



デキタスの利用料金

利用料金は、他の通信教材や塾、家庭教師と比べてかなり安いです。

例えば塾は1教科5000円以上、家庭教師は1時間あたり2000円以上、大手通信教育も月額6000円以上かかるところがほとんどです。

しかし、デキタスは小学生が3,300円、中学生が4,400円と圧倒的な低価格で全ての科目を受講することができます。以下に、受講できる科目をまとめました。

 

低学年の受けられる科目

・国語        ・算数

・生活        ・英語

中学年・高学年が受けられる科目

・国語    ・算数

・理科    ・社会   ・英語

中学生が受けられる科目

・国語   ・国文法  ・数学

・地理   ・歴史   ・公民

・理科   ・英語

 

公式サイトでは、サンプル動画もあり5日間の無料体験も申し込むことができます。

まずは、サンプル動画のご視聴、無料体験をご検討ください!!
通信教育ならデキタス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です