【学習方法】簡単に記憶力を高める方法

結論

記憶に残りやすくするためにインプットする前に、自分が学習する目的やどのように役に立つのかを考えたり、学習した内容をアウトプットする機会を作ったりしましょう。本記事は以下のお悩みを解消いたします。

  • 効率のよい勉強方法を知りたい
  • 覚えるのが苦手
  • 繰り返し記憶しても忘れてしまい、やる気が下がる

はじめに

記憶をすることに関してニーズが高いため、記憶術に関連する商品はよく出回っています。しかし、記憶はコツです。そこまで、お金をかけなくても、記憶力を高めることができます。

本記事では、簡単に実践できる記憶の方法をご紹介します。

記憶するには準備が必要

「私たちの脳は、忘れるようにできている。」

この言葉はよく耳にします。確かにそうですが、これには当たり前だけど大事な言葉が抜けています。そこで、言葉を補います。

「私たちの脳は、大事なこと以外忘れるようにできている。

当たり前ですが、自分にとって大事なことは覚えています。

その大事なこととは、

  • 日常で繰り返されること。
  • 自分の問題が解決される知識。

この2つです。

基本的に、学校から課せられる科目はどちらにも当てはまりません。もちろん、小学校段階では、日常的に使うことも触れることも多い科目もあるでしょう。しかし、学習が高度化すればするほど、日常ではあまり目にしない概念がでてくるので覚えにくいのです。

学習を始める前に、なぜ学習するのかという問いに答えましょう。

もちろん、「課題だから。」ではやる気は起きません。少し時間かけてでも自分の知りたい知識や悩んでいることと結びつける点を探しましょう。

学習の定着をはかる方法

自分にとって覚えにくい科目も、見方を変えれば日常的なものが多く、自分の問題を解決してくれる知識と捉え直すことができます。

機械的に覚えていくよりもスピードは落ちますが、なかなか覚えられない場合、試してみる価値はあります。

学習内容を日常的に繰り返し目につくようにしたり考えたりする。

なかなか記憶できない概念や単語を日常的によく見る場所に貼ります。

例えば、朝起きて最初に目につく場所や、歯磨きをしている最中に目にはいる場所がいいでしょう。

よく目にしたり考えたりする事柄は、脳が大切なことだと認識し、定着しやすいです。

学習が自分の問題にどんな解決をもたらしてくれるのか考える。

例えば、スポーツと物理学は大変関係が深いものですので、自分の専門スポーツを物理で解き明かす過程は学習を面白くさせるとともに、すぐに記憶できるでしょう。

このように直接、問題を解決できるものであれば、記憶は容易です。しかし、中には自分の問題を解決できない科目もあるでしょう。その場合は、その科目を学習することで得られるメリットを考えましょう。

科目を自分ごと化する例

  • スポーツと理科
  • 歴史上の人物と現代人の成功哲学の類似点と相違点
  • ゲームと数学
  • もし、英語が話せたらどんなビジネスができるか

 

学習がつまらない理由と解決方法

学習がつまらない理由は、わからないことに直面したときやメリットが感じられないときにつまらないと感じます。

これらを解決する考え方をご紹介します。

私の経験では、多くの子が、わからないイコール自分の能力が低いせいだと思っています。

ですが、理解できない理由は、その解説が自分に合わない可能性もあるのです。

そのため、教材は教科書や学校から配られる問題集、市販の問題集、過去問だけでなく、その学習にまつわる書籍を読むこともおすすめします。

本を執筆したいと考える方は、「自分の知識を世に広めたい」、「自分ならみんながつまずくこの概念をわかりやすく解説できる!」という熱い思いがあります。

ぜひ、お子さんがつまずいている科目があるなら、一度参考書や問題集から離れてみてください。

簡単にできる記憶術

私たちは、繰り返し教科書を目に通したり、マーカーで大切な箇所に線を引いたりして勉強することがあります。

しかし、それは勉強した気にさせるだけです

アウトプットをする

もっとも効率的な学習は、アウトプットです。吸収した知識を思い出す作業が必要です。そのため、模擬試験を活用したり、ミニテストを頻繁に実施するとよいでしょう。

休憩をおろそかにしない

楽器やスポーツの練習で、さっきまでできなかったけど、休憩を挟んだり、次の日に再チャレンジするとなんなくできるようになった。という経験したことありませんか?

私たちが何か物事ができるようになる仕組みは脳の神経が結び付いて回路ができることなのです。

その神経が結び付いて回路ができるのは、練習中ではなく、休憩中や寝ているときなのです。

そのため、煮詰まったら一度その課題から離れてみることをおすすめします。

まとめ

  • 日常的に目にする機会を作る。
  • 学習が、どう自分の問題を解決してくれるかを考える。
  • アウトプットを多く取り入れる。
  • 学習するツールは教科書や問題集だけではない。書籍も活用しよう。
  • 休憩も学習している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です