元教師だからわかる家具屋さんも知らない集中できる学習机3選

集中力を高めるためには、まず机から

子どもには、頑張って勉強してもらい、教育レベルの高い学校に行ってほしいと思いますよね。そのためには、塾や教材に力をいれるのは当然でしょう。しかし、どんなによい塾にいれても、どんなによい教材をそろえても、家庭学習をおろそかにすれば、花は咲きません。そして、家庭学習における最も厄介な敵は集中力を散らす環境でしょう。集中力は、成績そのものです。そんな集中力を簡単に高める方法があります。

それは、学習机です。今回おすすめするのは、家具屋さんでは、絶対にすすめられない机ばかりですが、きちんと理由があります。集中力を上げる机は、成績を上げる机といっても過言ではありません。そんな集中力を上げてくれる学習机をご紹介します。

集中力を上げる机① シンプルで青い机

青色は集中力を上げる色です。実際に新幹線の運転席は壁が青色であることが多いです。また、机はシンプルで広い天板という点もおすすめです。

よく、机の上に棚を置いたり、引き出しが多い机がありますが、いつでも物が取り出せる状態や視界に物が入る状態は集中力を下げてしまいます。勉強道具をしまう棚は別でそろえましょう。

集中力を上げる机②パネルデスク

塾の自習室でよく見られる机です。他の生徒さんと心理的な距離をとるためのものとして使用されていますが、実は一人で勉強する場合でもこのパネルは集中力アップを多いに助けてくれます。

人は、集中できないようにできています。昔は、集中しすぎると敵に襲われてしまうので、本能的に注意が散漫になるように人間はシステムされています。

このことからもわかる通り、集中力は途切れやすいものなのです。しかし、集中を途切れさせる原因の多くは視界にあります。目の端で何かの動きを捉えてしまえば注意は簡単にそれてしまいます。だから、視覚を遮ることで集中力をアップさせることができるのです。

集中力を上げる机③スタンディングデスク

勉強は座ってやるものだと思い込んでいませんか?実は、座るという行為は脳のパフォーマンスを下げてしまいます。もともと、座る行為はリラックスしてしまいますからね。しかし、立って行うと血流も滞りなく流れますし、脳の動きもよくなります。

慣れてくると長時間立って勉強しても疲れなくなります。もし、座っても勉強したいという方は、足の長さを調整できる机もあるので、家具屋さんに見に行ってもいいかもしれません。

上の写真は、特におすすめです。スライド式二段になっているのでオンライン学習でも使いやすいと思います。

おわりに

3つの机をご紹介しましたが、3つともとにかく安いです。棚や引き出しがないため、その分値段も下がっているのです。先程もお伝えしたように、機能性の高い机は、物を取りに手間を省く分、集中力も削がれやすいく、値段も高いです。

ぼくも個別で勉強を教えるときは、パネルを使ったり、子どもが嫌がらなければ一緒にたったまま勉強したりしました。そうすると、自然と勉強モードに切り替わっていったのです。

いかがでしょうか。恐らく家具屋さんでは絶対におすすめされない学習机で驚かれたかもしれません。もちろん、子どもがほしい物があればそちらを購入しても構いません。後からパネルを作ったり、青を取り入れることはできますから。

しかし、子どもが欲しがる物は機能性が高く、物が溢れるような机を選びがちです。ぜひ、この機会に親子で話し合って見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です