【書評】現代のキャリア教育を真剣に考える『なぜ僕らは働くのか』

結論

社会の仕組みや職業選びの考え方に加え自分を見つめ直すきっかけをくれる本です。漫画形式の本で、14歳の男の子が主人公です。日本では、キャリア教育というものを実施していますが、安泰が崩れた現代にふさわしい教材になると思います。本記事は以下のお悩みを解消いたします。

  • 働くとは何か知りたい
  • 働くことが嫌だなと思っている
  • 働き方が多用になったっていうけどよくわからない
  • 結局好きなことを仕事にした方がいいの?ダメなの?

はじめに

今働くという概念が大きく変わってきました。所属することが前提だったことから個でも稼ぎやすい環境になったのです。

……という話しはよく聞きますよね。でも、やっぱり多くの人が就活して企業に雇ってもらうし、転職のハードルが下がったとはいえ、失敗したという話しはたくさん聞くし、雇われてても終身雇用なんて保証ないし、個人で稼ごうとして失敗したらめちゃくちゃ借金抱えそうだし……。

こんな風に、どの道を進んでも安泰ということはなくなりました。前途多難です。でも、絶望かというとそうでもありません。

まずは、働くことについて本と一緒に考えてみませんか?大人たちのいうことが正しいとは限らないことに気づくでしょう。

また、働くことについて、自分について考えるきっかけになります。

「自分について考える。」それは、幸せになるための一歩だと私は考えています。

内容

中学2年生の隼人は、叔母にあたる優ねえちゃんに働くことについて書かれた本の原稿を渡されます。

その本を読んだり職場体験に行ったりして、働くことに対して考え気づき、今の自分を見つめ受け入れていきます。

迷ってもいい、だけどいろんな職業や働き方があること、自分と向き合って自分の好きなことや得意なことを探してほしい。そんなメッセージの込められた作品です。

もちろん、自己啓発のように考え方を示すだけではありません。社会の仕組みやどんな働き方があるのか、また、子どもが好き=保育士という答えに疑問を呈したりするなどたくさんのことを多角的な視点で考えることができます。

例えば、商品に対して何にお金がかかっているのか、自分の払ったお金は、どこにいっているのか。また、無料で使えるサービスやコンテンツはなぜ無料なのか、

働き方改革が叫ばれているけれど、労働時間と自分の時間が五分五分だとそれでいいのか。など、アンテナを張っていないと、そのまま受け入れてしまいそうな世の中の風潮に対して、あなたは、どう答えますか?

私の問題解決ー文科省のキャリア教育はめちゃくちゃ古いー

とても個人的な話しになりますが、私は義務教育で行われるキャリア教育に対して疑問を感じています。

キャリア教育では、主働く際に必要な態度やコミュニケーション能力の育成、情報を活用する力など大きく4項目あり、またそれぞれで細かく、どのような能力の育成を目指すべきかが明記されています。

しかし、それらを見るとまだまだ未完成です。キャリア教育の項目の1つである『将来設計』は、今の時代に必要でしょうか

この本は、社会の仕組みだけでなく時代が不変であることを前提に否定も肯定もせず、粘り強さや好奇心、失敗からの立ち直りなど、本当に大切な力を伝えています。現代のキャリア教育の基礎はこの本に詰まっていると感じました。

ー学校に行かないという選択肢の肯定ー

学校に通うことを必ずしも肯定していません。学歴の便利さも伝えつつ、学校が全てではなく、もし通うことができなくなったとしても学ぶ余地が学校外にたくさんあることを伝えてくれます。

私も、学校が嫌いでした。嫌々通っていたし、半年に一回2日くらい体調不良を装って休みました。学校への違和感は、中学校がピークだったと思います。そして、不登校の割合も中学校がピークですよね。

学校側は、学校に再び通えるようにするためにいろいろな提案をしてきます。それは、学校の役割だから当然です。そうした中で、学校に通わずに学ぶということを提案してくれる本に出合えることがとても、救いになる子もいるはずです。

いろいろな選択肢を知らせて、大人と一緒に考え、自分の環境を見つけるという過程はとても大切なものだと思います。

感想

私たちはなぜ働くのかという問いに対して、今答えられることが詰まっていると感じました。

もしかしたら、イメージできない文章もあるかもしれません。でも、また読み返したときに、理解できるものだと思います。

また、働き方はぼくが調べた中で感じた主観ではありますが、10年くらいの感覚で変わっていると思います。

バブルから就職氷河期、リーマンショックを乗り越え、現在は、学生起業家も増えたり、転職のハードルが下がったりしています。

また、ここから10年後、もしかしたら5年後また、新しい働き方が出てくることでしょう。

予測ができないからこそ、正解のない時代で考えるきっかけを与えてくれる本書を、中高生に強くおすすめします。

今までの常識が、変わりその変化に気づけるようになってほしいと思います。

お知らせ

業種や業務内容については、調べるとヒットします。とてもわかりやすい記事、見やすいレイアウトなどクオリティの高いサイトばかりです。

しかし、現場の生の声は微妙で悪くはないけど、当たり障りないと感じました。

そこで、アシストノートでは新企画として、『キャリア教育インタビュー』を行っていきたいと思います!!

これは、あらゆる職業の人にやりがいや大変なことをより深く聞いていくコーナーです。

仕事には、楽しい部分ばかりではないと聞きますが、その大変な部分ってみんな曖昧にしがちだと思いませんか?

『キャリア教育インタビュー』では、楽しいことも大変なこともめちゃくちゃ掘り下げて聞いていきます。

どうぞお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です